旧型翻訳エンジンから新型翻訳エンジンに変更致しました。「ドメイン/言語」と自動配置され、キャッシュ領域に記憶されるため、国内外の非日本語圏の顧客へのアプローチの活性化が可能となります。検索エンジン最適化の手段としても有効といえます。詳細は本サイト(http://www.withad.net/)左メニュー下部の国旗をクリックしてご確認下さい。